秋の七草と春の七草との違い

秋の七草とは、ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウの、7つの“花”です。

春の七草は、1月7日にお粥に入れて食べます。地方により七草の内容が異なることもありますが、初物(はつもの)の野菜で栄養を補い、胃腸を休め、無病息災を願う…という気持ちがこもっています。

対して秋の七草は、すべて“花”です。ススキも花の一種で、姿を愛でて、過ごしやすい季節の到来を喜ぶものです。

夏の暑さが一段落したら、天気のいい日に自然の中へ出かけてみませんか?

きっと身近に秋の七草があるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)