HOME花掲示板/Q&A
花についての自由投稿コーナーです。どんな話題でも結構ですのでご自由にどうぞ!
自宅での花の栽培で疑問点はありませんか?もしあったらこちらで質問してください。
写真を添付する場合は、300KB以下に縮小してください。疑問・質問も歓迎します。
尚、投稿した記事が反映されるのは管理者が承認した後になります。

名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 今日の散歩道〜野蒜 山ちゃん  2022年5月12日(木) 12:36
削除
雨雲接近、雨が降って来る前にと思って、普段より早めに買い物散歩に出発。

途中耕作放棄された水田の畦道の雑草の中から、野蒜(ノビル) の花茎が顏を覗かせていました、先端の金平糖状の花序が、薄っすらと桃色に成っているので、間もなくそれぞれの粒の先に小さな花がつく筈です。

花が咲いた後に出来る球芽(むかご)がばらけて種として落下します。

野蒜は万葉集や古事記にも登場・食べられる野草で、いにしえの頃から春の代表的な山菜の一つとしてしられ、地下の球根や茎が食用と成ります。

ニンニク ニラと同類の風味ですが、何度かガイド本に載っている方法でトライしてますが、無類の山菜好きな私ですが、

野蒜は口に合いません。

 レモンの花 aze  2022年5月1日(日) 10:05
削除
レモンの花が咲き始めました。

 今日の散歩道〜ムラサキカタバミ 山ちゃん  2022年4月27日(水) 5:00
削除
雨雲接近中との予報なので、いつもより早く買い物散歩に出発。

道路わきの側溝の割れ目にムラサキカタバミが咲いていました。 南米原産で関東以西に広く分布してるようですが、何故か石垣の隙間とか、コンクリートの割れ目など、思わぬ場所でしっかりと根づいています。

地上部の花の見た目は可憐ですが、地中に有るユリの球根状の部分がドンドン分割して増殖するので、駆除が難しい雑草ですが、強い繁殖力が「子孫繁栄」のイメージに結びつき、縁起の良い植物として親しまれ、武家の家紋として用いられる事例も有った様です。

元々は観賞用として日本に持ち込まれたものですが、各地に雑草化して繁茂、現在では環境省の「要注意外来生物」にリストアップされている様です。 日本古来からの植物だと思っていても、鑑賞目的で持ち込まれ野生化してる例の多さに驚いてます。

 鈴蘭 山ちゃん  2022年4月24日(日) 13:14
削除
小雨の降る中、今日も買い物散歩に出発。

途上の生垣の根っこに、春を告げる代表的な花「鈴蘭」が咲き始めました。香り高く可憐な花ですが、強い毒性を持つ植物なので要注意です。北国で行者ニンニクと間違えて食して中毒症状を起こした事故が時々報道されています、そっと目で楽しむ事に留めておくのが無難でしょう。


 ベニバナトキワマンサク 山ちゃん  2022年4月21日(木) 14:07
削除
長い間名前が解らず、シロバナトキワマンサクと判明したのが4月6日、その時ベニバナトキワマンサクと言う別種が有ると知り、どこかに植わっていないかと注意を払っていたら、灯台元暮らしでした。

マンション内にある店舗棟に管理人室や商業施設があるのですが、そこのクリニックに通院した折に、中庭に何気なく目を向けたら、

そこに「ベニバナトキワマンサク」の生垣がありました。

管理人に聞くと、葉っぱが小さめで、刈込も容易、病虫害の害も少なく、ほんまに管理が簡単な生垣ですよとの事。

シロバナに比べると、ベニバナは視覚的にはもう一つ見栄えがしませんが、皆さんにご披露まで。

午後から雨との予報で、買い物も含めて午前中に終え、昼過ぎから降りだした雨で、昨日作業した田舎の畑には恵みの雨となりました。

1 2 3 4 5 6 7 8  全 38件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design