アマリリス

和 名 アマリリス
花言葉 「誇り」「内気」「おしゃべり」
「すばらしく美しい」
英語名 Amaryllis , Knight’s star lily
別 名 ナイトスターリリー、バーバドスリリー
分 類 ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
原産地 中南米
花 色 赤、白、紫、ピンク
花 期 3月〜6月の春咲き、9月〜10月の秋咲き
メ モ アマリリスは品種も多い花です。品種によっては高値もつきますし、アマリリス鑑賞会などもよく開かれます。品種によっては白やピンクなどの花を咲かせるものもあります。また、葉に斑点が入る品種や模様が多様な品種もあります。
神 話 ギリシャ神話の羊飼いの少女のアマリリスは同じ羊飼いの少年アルテオに恋をしていました。アルテオは花が好きだったので、いつも花を届けてくれる女の子が好きでした。

彼に好きになってほしかったアマリリスは神様にお願いをして、1本の矢をもらいました。その矢で自らを傷つけ流れた血から美しい花が咲きました。その美しい花に心を奪われた彼はアマリリスが好きになったことが、アマリリスの花言葉「すばらしく美しい」の由来になったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

スノーフレーク

次の記事

キンセンカ