あやめとショウブ、カキツバタとの違いは?

「いずれあやめか、かきつばた」という言葉の通り、あやめは、同じアヤメ科のショウブ、カキツバタと花姿が似ています。
そのため、湿地で育つ植物と思われたり、間違えられることもしばしばあります。
そこで、以下におおまかな違いをご紹介します。

  アヤメ ショウブ カキツバタ
花色 紫、白  赤紫、紫、絞り、複色 青紫、紫、白
花姿  外側の花びらに黄色の模様,花びらの付け根に網目  網目がない,
花びらの付け根に黄色い模様
 花びらの付け根に白い模様
葉っぱ 葉脈が見られない、細い  葉脈が表に1本、裏に2本  葉脈が目立たない幅広
草丈(cm) 30~60 80~100  50~80
自生地 山野の草地 湿地  水中や湿地
開花時期
 5~6月  5~6月 5~6月

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)