ブバルディア(ブバリア)

和 名 管丁字
花言葉 交わり、夢想家、清楚
英語名 bouvardia
別 名 ブバリア、カニノメ、カンチョウジ
分 類 アカネ科ブバルディア属
原産地 熱帯アメリカ
花 色 白、赤、ピンク
花 期 10月~12月
メ モ ブバリア(ブバルディア)は、四角形の蕾から美しい4枚の花弁が広がり、十文字のような特徴的な花を咲かせる。ひとつひとつの花は小さく、何輪も集まって咲く。

ブバリア(ブバルディア)は、耐寒性があまりないこともあり、日本では栽培用よりも切花や花束の花材として人気がある。花姿が可愛く、ホワイト系や淡い色合いのブバリア(ブバルディア)はウェディングブーケの花材としてもよく使われる。伊豆大島などの温暖な地域で多く栽培されていて、ほぼ周年切り花が楽しめる。

学名のBouvardiaは、ルイ13世の侍医でフランス王室庭園長でもあったシャルル・ブバール氏にちなんで付けられた。

ブバリア(ブバルディア)の花は丁字の花に似ていて、細い管のようになっている先に花がつくので和名では「管丁字」と呼ばれている。

ブバリア(ブバルディア)の花言葉「交流」「空想」は、園芸家たちがたくさんの種類を交配させてブバリア(ブバルディア)を誕生させたことに由来している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

リンドウ