ブドウ

和 名 ブドウ(葡萄)
花言葉 思いやり・好意・信頼・陶酔・親切・慈善・酔いと狂気・人間愛・忘却
英語名 Grape
別 名 グレープ
分 類 ブドウ科・ブドウ属
原産地 中近東
花 色 緑色
花 期 5月中旬〜6月
メ モ ブドウは英名で「Grape」で、学名は「Vitis」として呼ばれています。ブドウは元々ギリシア語の「Botrus」が中国に伝わりそこで「葡萄」に変換されました。そのあと日本に伝わり葡萄と呼ばれるようになったとされています。もう一つ説があり現在のウズベキスタンである大宛国(フェルナガ)で使われていたフェルナガ語の「Budaw」から伝わったともいわれています。

ブドウの花は5月中旬〜6月に間に咲きます。

ブドウの花は花びらがなく、粒になったつぼみが房を極小にして集合して、帽子のようになっています。雄しべと雌しべが5本あり、成熟してその帽子が外れると開花するという仕組みとなっています。

小さい実がいくつもできているように見えるのは、花穂という呼称があるブドウの花房です。ブドウの花は開花すると香りもします。

ブドウの実は9月から11月頃に果実が熟して収穫することができます。実を結実したままにしえしまうと粒が不揃いになってしまったりするので小さなものなどは摘み取ってしまいましょう。

また、ブドウは雨に弱く病気になってしまうので、袋をかけて保護してあげることが大事になってきます。

ブドウには3つの大きく分類されています。主に育てやすいとされているのが「アメリカブドウ」です。

次に難易度が中くらいの欧米雑種があります。最後に、難易度が高い上級者向けのヨーロッパブドウがあります。

基本的にブドウの栽培は5段階(高いほど難しい)でいうと、4の値になるほど栽培難易度は高いです。

3つに分けられたブドウの品種には、巨峰やマスカット・ベーリーAなどが挙げられます。現在確認されている品でには、54種類存在しています。黒色から赤色には33品種あり、白や黄色などの所謂「マスカット」と呼ばれるものには14品種、トンプソンシードレスなどの輸入ブドウが7品種に分類されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)