ハナモモ

和 名 ハナモモ(花桃)
花言葉 恋のとりこ、よい気立て、あなたに夢中
英語名 Peach blossom、hana peach
別 名
分 類 バラ科モモ属
原産地 中国中北部
花 色 ピンク、白、赤
花 期 3月~4月頃
メ モ ハナモモ(花桃)はバラ科サクラ属の落葉中高木で、観賞樹として花が改良された品種です。

渡来は古く弥生時代といわれています。中国では禍を避け、福を招く縁起の良い木と考えられています。

日本で観賞花木として栽培されるようになったのは江戸時代で、現在栽培される園芸品種の多くも江戸時代に作出されました。

樹高は8mに達しますが、栽培しているものは高さを抑えてあり、樹形には立性、枝垂れ、ほうき立ちがあり、場所に適した品種を選ぶことができます。

実の成るモモよりも花が美しく花期が梅と桜の間になり、八重咲き品種は桃の節句に飾られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)