ハルシャギク

和 名 ハルシャギク(波斯菊)
花言葉 常に快活、上機嫌
英語名 Plains coreopsis
別 名 ジャノメギク(蛇の目菊)
分 類 キク科ハルシャギク属
原産地 北アメリカ
花 色 中心が濃紅色で、周辺は黄色の蛇の目模様であり、別名のジャノメソウ(蛇目草)の由来となっている。
花 期 7~9月
メ モ 波斯菊の波斯はペルシャの事だがペルシャ(イラン)には自生しないという。ネットでは春車菊の表記も見られるが音からの当て 字のようだ。

別名のジャノメギク(蛇の目菊)は花の様子を蛇の目傘に譬えたもので、咲き進んで舌状花が次第に下向きになるとま すますピッタリになる。山地や丘陵、海岸平野などに生え、高さは60~80センチになる。茎は直立し、葉は線形で輪生する。6月から8月ごろ、茎頂に黄色い頭花を咲かせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ゼラニウム

次の記事

サクラ