バラ

和 名 ばら(薔薇)
花言葉 愛、美
色や花の本数、地域(国)、花の形、組み合わせ、鮮度など様々な条件によって意味が変化する。詳細は別途紹介
英語名 rose
別 名 長春花(チョウシュンカ)
月季花(ゲッキカ)
分 類 バラ科バラ属
原産地 ヨーロッパ、アジア
花 色 白、ピンク、赤、オレンジ、黄、緑、青、黒、七色など
花 期 5~10月 種類により、一季咲きのもの、四季咲きのものがある、
メ モ バラは、バラ科バラ属の植物の総称です。一年草や多年草、低木など様々な種類があります。今では「花の女王」と呼ばれ世界中で栽培されていますが、原産地は古代ローマや中国と考えられています。

ギリシャ神話では愛と美を象徴する女神ヴィーナスの涙から生まれた花といわれています。そんな太古の時代から栽培されているので、バラにまつわる逸話や伝説は数え切れません。そのため、たくさんの花言葉が生まれました。

また、想い人へプレゼントする花として古くから用いられてきたことも、恋愛感情に関する花言葉が多い理由です。

花言葉についての詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

次の記事

ヤマブキ