ヒイラギナンテン

和 名 ヒイラギナンテン(柊南天)
花言葉 激しい感情、激情、愛情は増すばかり
英語名 Japanese mahonia、mahonia
別 名 マホニア、トウナンテン(唐南天)
分 類 メギ科メギ属(マホニア属)
原産地 中国、台湾、ヒマラヤ
花 色
花 期 3月~4月
メ モ 「ヒイラギナンテン(柊南天)」という名前は、ヒイラギ(柊)のように刺があり、葉がナンテン(南天)のように複葉で実の付き方が似ていることから名付けられました。

学名は「Mahonia japonica」であり、「Mahonia(マホニア)」とは19世紀に活躍したアメリカの植物学者であるマクマホン博士(Mc.Mahon)の名前が由来です。「japonica(ヤポニカ)」とは「日本の」という意味ですが、主な原産国は中国などで日本には江戸時代に渡来しました。

英名では、「Japanese mahonia」や「mahonia」と呼ばれています。

ヒイラギナンテンは、中国やヒマラヤなどに分布している常緑低木です。開花時期は3月~4月頃で、総状花序で数多くの小さな黄色い花を咲かせます。花序の長さは10cm~15cm程度で、甘い香りが漂います。初夏には実が付き始め、9月~10月頃にはブルーベリーのような黒紫色に熟します。

ヒイラギナンテンは耐寒性や耐暑性に優れていて、半日陰や日陰でも十分育ちます。ただし、夏の時期には日差しが強い場所で育てると枯れやすくなるため、保管場所には気を配る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)