オオデマリ

和 名 オオデマリ
花言葉 優雅なたしなみ、華やかな恋
英語名 Japanese snow ball
別 名 テマリバナ、ジャパニーズ・スノーボール
分 類 スイカズラ科・ガマズミ属
原産地 日本
花 色 白、ピンク
花 期 4~6月
メ モ 小さな花が集まった様子が、手毬に似ていることから名付けられたオオデマリ。その姿はアジサイに似て、とても可憐な雰囲気をもっている。また、冬には紅葉を楽しむこともできる。

オオデマリは、日本を原産とするヤブテマリの園芸品種。落葉性の低木で、樹高は2~4mに生長する。幹から水平に枝を伸ばし、卵型で縁にギザギザのある葉っぱを左右対称に生やしている。

初夏になると、たくさんの白やピンクの花をボール状にまとまって咲くのが特徴。

花のように見える部分は雄しべや雌しべが変化したもの「装飾花」で、中心部に小さな雄しべと雌しべの両性花が付いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

次の記事

サンダーソニア