カラ-

和 名 和蘭海芋(オランダカイウ)
花言葉 「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」
英語名 Calla lily, Arum lily
別 名 海芋(カイウ)
分 類 サトイモ科オランダカイウ属(サンテデスキア属)
原産地 南アフリカ
花 色 白、ピンク、黄、紫、赤、オレンジなど
花 期 5月~7月
メ モ

カラーの原産地はアフリカです。タイプは2つあり、湿地型と畑地型に大別されています。

湿地型は江戸時代にオランダから渡来して、オランダ海芋の名で古くから作られています。白いモダンな花は切り花として人気があります。球根は作らず、生育過程で葉腋に花芽を作ります。

一方、畑地型は大正時代に渡来し、球根を作り球根内に花芽を作ります。近年、畑地型は欧米やニュージーランドで改良が進み、優れた品種がたくさん発表されています。新しい品種の特性としては、花色が豊富で、今までの黄、白、桃色に加えて橙色系、赤色系、紫青色や黒色などの新しい色も作られています。加えて花弁が厚く硬くなり褪色も遅いので、従来の花の倍くらいに長い期間花を観賞できます。

しかし、地中海型気候の地域で改良や生産が行われているため、基本的な性質はあまり変わりません。日本で栽培する場合、夏の高温多湿な気候では注意が必要です。

鉢植えがおすすめです。
発芽は暖かい場所で早く芽を出させて、暑さがくる前に開花させると、花立ちが多く花色も鮮明で花もちがよくなるので、早めのスタートと涼しい期間に十分に生育させるのがポイント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)