カルミア

和 名 カルミア
花言葉 「優美な女性」「大きな希望」「野心」
英語名 Kalmia
別 名 アメリカシャクナゲ
分 類 ツツジ科 / ハナガサシャクナゲ属(カルミア属)
原産地 北アメリカ東部
花 色 白,赤,ピンク,茶
花 期 5月上旬~6月中旬
メモ カルミアはコンペイトウのような形をした、色濃い蕾を持っています。花が開くと皿形になり、色は薄く模様が入って、蕾の様子とは全く異なった印象を受けます。開いた花をよく見てみると、雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっています。この雄しべは、飛来した昆虫などによって刺激を受けると飛び出して、花粉も散るというおもしろい仕組みをもった花です。

カルミアは、7種からなる小さな属で、北アメリカとキューバに分布する常緑低木です。一般にカルミアと呼ばれるのはラティフォリア種(Kalmia latifolia)をさし、いくつかの品種が鉢植えや庭植えの花木として栽培されます。栽培はシャクナゲに準じ、夏の暑さと乾燥に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

サツキ

次の記事

スィートピー