コブシ

和 名 コブシ(辛夷)
花言葉 「友情」「歓迎」
英語名 Kobushi magnolia
別 名 「田打桜」「種蒔桜」「ヒキザクラ」「ヤチザクラ」「シキザクラ」
分 類 モクレン科・モクレン属
原産地 中国
花 色 白、ピンク
花 期 3月~4月
メ モ 早春に真っ白できれいな花を咲かせ、冬が明ける合図となる花です。桜と同様に葉よりも先に花が咲きますが、開花時に1枚だけ花の下に葉を付けます。コブシの花びらの枚数は6枚であるのに対して、ハクモクレンは9枚です。花はとても良い香りがします。少し先に開花するハクモクレンよりも花びらが薄くほっそりとした印象の花です。

コブシといえば、真っ白の花を咲かせるという印象がありますが、淡いピンク色の花を咲かせるシデコブシという植物もあります。

農業では、コブシの花が咲く時期に田植えを始めたことから「田打桜」や「種蒔桜」とも呼ばれています。このように農作業の目安となるこのような木のことを「農諺木」(ノウゲンボク)といいます。コブシは全国で親しまれている樹木のため、さまざまな呼び名があります。北海道のアイヌ民族の間ではアイヌ語で「良い匂いを出す木」「放屁する木」という意味である「オマウクシニ」「オプケニ」と呼ばれています。枝を折ると独特な香りがするため、そのような名前がついているそうです。コブシは桜よりも開花が早いため、コブシが咲くと桜の開花が近いことや、遠くから見ると桜に似ていることも含めて「ヒキザクラ」「ヤチザクラ」「シキザクラ」などと呼ばれることもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ハクモクレン