コウバイ

和 名 コウバイ(紅梅)
花言葉 優美、艶やか
英語名 Japanese apricot
別 名 春告草(ハルツゲグサ)、
好文木(コウブンボク)、
風待草(カゼマチグサ)
分 類 バラ科サクラ属
原産地 中国
花 色
花 期 2月~3月
メ モ “梅(ウメ)”の品種の一つ。香りのよい、濃いピンク色の花が咲きます。

ウメは中国原産で、白糸と紅系、一重咲きと八重咲きがあります。“桜(サクラ)”と比較されがちですが、奈良時代以前の花と言えば、ウメを指すことの方が多かったのだとか。

サクラとちがい、ウメは咲き方も散り方もゆっくりです。花の後にできる実は、梅干しなどの食用に利用できることが知られています。

実がなる頃に雨が多いため、“梅雨(ツユ)”の名は、このことに由来するという説も。

赤やピンクの花を咲かせる「紅梅」の花言葉は、平安時代に清少納言がこれを愛したことに由来しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

オリーブ

次の記事

ヤブラン