クチナシ

和 名 クチナシ
花言葉 私は幸せ
英語名 Common gardenia、Cape jasmine
別 名 梔子(クチナシ)、口無し(クチナシ)
センプク、ガーデニア
分 類 アカネ科クチナシ属
原産地 日本、中国、台湾、インドシナ
花 色 白色
花 期 6~8月
メ モ クチナシは、日本の西南部から中国、台湾、インドシナの広い地域に生息する常緑低木です。

春のジンチョウゲ(沈丁花)、秋のキンモクセイ(金木犀)と並んで三大香木の1つとされており、甘い香りを初夏に放ちます。

英国ではジャスミンのような香りを放つことから、「ケープジャスミン(Cape jasmine)」とも呼ばれています。

クチナシという和名の由来には諸説あります。

クチナシの実が裂けないことから「口無し」が転じて、萼が鳥のくちばしで果実は梨にみたてて「口梨」、蛇を意味するクチナしか食べない実をつけることから「クチナワナシ」が転じての3説が有力な説とされています。

特に「口無し」が転じたとする説は、「山吹の 花色衣 主や誰 問へど答へず くちなしにして(秋が過ぎ、冬が来ても一向に口を開けない)」という和歌が由来の原点となっており、最も有力な説とされています。

クチナシの花は6~8月に真っ白な5~6枚の花びらをつけた美しい花を咲かせます。

葉が光沢のある緑色をしていることから、コントラストが美しく、甘い香りを放ちます。花は日が経つと徐々に黄色く変色して枯れ、秋にオレンジ色の実をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ポインセチア

次の記事

ザクロ