マンサク

和 名 マンサク (満作)
花言葉 霊感、ひらめき
英語名 Japanese witch hazel
別 名 万作
分 類 マンサク科 マンサク属
原産地 日本
花 色 黄その他
花 期 2月~4月
メ モ マンサク(万作・満作)はまだ寒さが残る2月頃から、はっとするような黄色い花を咲かせ、いち早く春の訪れを教えてくれる日本原産の落葉低木。日本各地の山林にも自生していて、紅葉も美しいです。

マンサク(万作・満作)の花びらは長さ約2㎝ほどの線形で、良い香りが遠くまで漂います。落葉した葉の無い時期に花が咲くので花がよく目立ちます。

マンサク(万作・満作)は生長がゆっくりなため狭い場所にも植えることができます。病害虫の心配も無く、耐寒性に優れていて育てやすい花木です。

マンサク(万作・満作)の名は、春一番に咲く「まず咲く」という言葉が変化してつけられたと言われています。また、マンサク(万作・満作)はたくさんの花をつけるので、作物の豊年満作を占う植物として古くから親しまれてきました。そのことから豊年満作を祈願して名前が付けられたとも言われています。

マンサク(万作・満作)の花言葉「ひらめき」は、マンサク(万作・満作)の花びらが細い線形にカールしていて、パッとはじけた(ひらめいた)ように見えることが由来とされています。「神秘」という花言葉は、マンサク(万作・満作)の木には神秘的な力が宿るとして占いに使われていたことからつけられたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

花と神話~パンジー

次の記事

ミツバツツジ