ミツバツツジ

和 名 ミツバツツジ(三葉躑躅)
花言葉 節制、抑制のきいた生活、平和 自制心
英語名 Rhododendron dilatatum
別 名 イチバンツツジ(一番躑躅)、イモウエツツジ(芋植躑躅)ムラサキツツジ(紫躑躅)
オマキツツジオダイシバナ
分 類 ツツジ科ツツジ属
原産地 日本(関東・中部)
花 色 紫、紅紫色
花 期 4月下旬~5月上旬
メ モ ミツバツツジは、関東から中部に分布する落葉低木で、和風、洋風どちらの庭にもマッチする植物です。ツツジやシャクナゲの仲間で、枝先に3枚のひし形の葉をつける落葉(一部常緑もあり)種が、一般にミツバツツジ類と呼ばれており、紫色の花を咲かせ、開花後、あるいは同時に葉が出るのが特徴で、枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついた。

近い仲間には、花がオレンジ色や濃ピンクで、葉が出てから花を咲かせる遅咲きのオンツツジ類もあります。

ミツバツツジ類は、日本を中心としたアジア東部に、約30種があります。ヤマツツジ(Rhododendron obtusum)の仲間と近縁で、実生苗では区別がつかないほどです。
また、ミツバツツジ類は、さし木やつぎ木でふやすのが難しいことと、野生種に花色が限られていることから、園芸化がほとんど進んでいないグループですが、その野趣に富んだ樹姿と花は愛すべきものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

マンサク

次の記事

イトスギ