モクレン(シモクレン)

和 名 木蓮(紫モクレン)
花言葉 自然への愛、崇高、持続性
英語名 Magnolia
Lily magnolia
別 名 マグノリア、木蘭(モクラン)
木蓮華(モクレンゲ)、辛夷(シンイ)
紫木蓮(シモクレン)、ハネズ
コンパスフラワー
分 類 モクレン科・モクレン属
原産地 中国
花 色
花 期 3~5月
メ モ 通常、木蓮というと紫色の「シモクレン(紫モクレン)」をさすことが多いですが、近年は白色の「ハクモクレン(白モクレン)」がより広く栽培されています。

「モクレン」と「ハクモクレン」は花色以外にも違いがあります。ハクモクレンは幹が単一で太く、高さが20mにもなり、花びらは9枚で開花後に葉が出ます。シモクレンは根元から複数の幹が立ち上がり、4~5mほどの中高木。花びらは6枚で、開花中に葉が出て花が終わるころには葉に隠れてしまいます。

他にも赤やピンクに色づく木蓮もありますよ。

開花期になると春風に乗って漂ってきます。決して強い香りではありませんが「華やかで上品」「柑橘系でさわやか」といった印象が持たれています。木の近くにいくと、ほのかによい香りがしますよ。

また、「マグノリア」の名称で販売されている精油は、よい香りがすると人気です。ただ、精油は木蓮ではなく、泰山木というモクレン科の仲間から抽出したものになります。

木蓮は、日本全国で栽培される樹木、同じ時期に花を咲かせる桜や梅に比べると花姿は地味かもしれません。ただ、その花言葉や、1億年も前から変わらず咲きつづけていること、平安時代から日本で栽培されていたことなどを知ると、愛着が湧いてきませんか。

春になったら、木蓮の木の前で足をとめて、花の姿や香りを楽しんでみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ナノハナ

次の記事

セージ