ニセアカシア

和 名 ニセアカシア
花言葉 慕情、親睦、友情、優雅、
頼られる人、死に勝る愛情
英語名 Locust tree
別 名 針槐(ハリエンジュ)
贋アカシア(ニセアカシア/にせアカシア)
イヌアカシア、ハゲシバリ
分 類 マメ科・ハリエンジュ属
原産地 北アメリカ
花 色 白、ピンク、薄紅
花 期 5~6月
メ モ 道路や公園に植えられていることの多いニセアカシア。街路樹や防砂林として、私たちの日常生活に関わりの深い植物の1つです。

ニセアカシアは、ハリエンジュ属に分類される落葉高木です。ギンヨウアカシアやフサアカシアとは別属に分類されます。樹高25mほどに育ち、街路樹や公園の植木としてよく植えられています。

5~6月頃、垂れ下がった枝に、藤のように白や薄紅色の小花をたくさん咲かせるのが特徴です。また、衝撃力や曲げに強い耐久性をもち、腐りにくい優秀な木材でもあります。

ただし、河原や原野で野生化するほど繁殖力が旺盛なため、意図的に植えられることは少なくなってきました。

名前の由来

明治時代に日本へ渡来したのち、黄色い花を咲かせる「ミモザアカシア」とよく似ているが、夏に花を咲かせるなどことなる性質をもつことから「ニセアカシア」と名付けられました。ただ、ニセアカシアの方が、先に日本に伝わっていたとされています。

また、同じマメ科の別属に、槐(エンジュ)という植物がいます。この槐にもよく似ていて、葉っぱの付け根に針のようなトゲが生えることから、ハリエンジュという名前がつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

レンギョウ

次の記事

カンヒザクラ