ノシラン

和 名 ノシラン(熨斗蘭)
花言葉 ひっそり
英語名 Giant Lilyturf
別 名 ノシメラン
分 類 ユリ科 ジャノヒゲ属
原産地 日本 東アジア
花 色
花 期 7月~9月
メ モ ノシランは学名Ophiopogon jaburan、英名「ジャイアントリリーターフ(Giant Lilyturf)」とも呼ばれる日本及び朝鮮が原産の常緑多年草で、日本では本州から九州(沖縄)まで林縁等に自生しています。和名「ノシラン」の由来は扁平な花茎と葉が御祝儀等の縁起物で使われるノシの形に似ており、また花の形がランに似ている所からきています。

ノシランとヤブランは同じスズラン亜科にあり、とても似た草姿をしているためしばしば比較対象され、また海外ではノシランとヤブランを通称「ジャイアントリリーターフ」と呼び同一カテゴリーで扱われる事もあります。比較するとノシランは葉の長さ40(120)cm幅が1(2)cmあり大きく広がる草姿をしており、ヤブランは葉の長さ30(60)cmで幅は1(2)cmあります。ノシランの花は白色で花茎は約80cmまで伸び個々の小花は下向きに垂れる様に咲きますが、ヤブランは花茎が最大1mまで伸び個々の小花は紫色で横もしくは上向きに咲きより装飾的です。ノシランは花が終わると美しいメタリックブルーの楕円形の実がつきますが、ヤブランは実が黒色です。

園芸では非常に優美に広がる草姿と地面を被覆する能力からグランドカバーとしても使えますが、匍枝をもたず地下茎も横にあまり広がらないため他の種(ヤブラン属)と比べると被覆力は劣るかもしれません。ノシランは日本の在来種のため和風のお庭等によく合い、また陰性植物のため直射日光がないシェードガーデンにも利用出来ます。

開花時期は夏から初秋、花色は白色、花被片が6個ある小花を節毎に3~8個ずつ束生させ長さ約10~20cmの総状花序に咲かせます。草姿は葉が根生して高さは約30(60)cm × 幅は約60(120)cmまで成長します。葉色は緑色、葉身は線形(長さ40~120cm × 幅1~2cm)で根生します。

名前の由来
・ノシランの「ノシ」は熨斗のことで、葉の形が熨斗に似ているというので
「熨斗蘭」になった
・「熨斗」はノシアワビのこと
・アワビの肉を薄く切って伸ばすので「ノシ」と呼ぶ
・今の熨斗袋には紅白の色紙を長細い六角形に折ってノシアワビの小片を
貼りつけたものが使われているが、かつてはノシアワビを紅白の紙に包ん
で縁起物としたそうだ
・「ラン」は細長い葉が蘭の葉に似ているから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ヤマザクラ

次の記事

花と神話~サンザシ