サツキ

和 名 サツキ(皐月)
花言葉 「節制」
英語名 Satsuki azalea
別 名 サツキツツジ
分 類 ツツジ科 / ツツジ属
原産地 日本
花 色 白,赤,ピンク,紫,緑,複色
花 期 5月下旬~6月上旬
メモ

サツキは常緑の低木で、関東地方以西の本州のほか、屋久島に隔離分布している。日当たりがよく、増水すると水没してしまうような川沿いなどに自生している。開花期は5月下旬から6月上旬で、ヤマツツジなどよりも1か月ほど遅く咲く。園芸用に乱獲されたほか、河川の護岸工事、ダムの建設によって生育地が少なくなり、絶滅が懸念される植物の一つ。

江戸中期にツツジのブームがあり、数多くの園芸品種が作出された。これらをおおまかに区別するために、4月から5月中旬に開花するものを「つつじ」、5月下旬から6月上旬に開花するものを「さつき」と呼び始めた。「さつき」のほとんどは遅咲きの野生のサツキ(ロードデンドロン・インディカム)を改良したものなので「さつき」イコール「サツキ」、またはその園芸品種という概念ができた。日本原産の植物なので、栽培は容易。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

サクラ

次の記事

カルミア