ジャスミン

和 名
ジャスミン(茉莉花)
花言葉
愛想のよい、愛らしさ、官能的、優美
白色『Amiability(優しさ/温和)』
黄色『Grace and elegance(優雅/上品)』
ピンク『Sensuality(官能的)』
英語名
Jasmine
別 名
素馨(ソケイ)、
分 類 モクセイ科ソケイ属
原産地 アジアやアフリカ亜熱帯地方や熱帯地方
花 色 白、黄色、ピンク
花 期 3~5月と7~11月※
メ  モ ジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の総称です。名前はペルシャ語の「Yasmin(神からの贈り物)」に由来し、原産地が暑い地域であることから、生育温度は高く、寒さに弱い性質を持ちます。

ジャスミンは鑑賞用以外だと、主に香水やお茶に用いられます。ジャスミンの精油(アロマオイル)は甘美な香りがし、リラックス効果があるといわれており、マッサージや寝室の香りづけなどに用いられます。

また、ジャスミンティーは精神安定効果以外にも、美肌効果や女性ホルモンのバランスを整える効果などもあり、女性に人気の高い飲み物です。他に、化粧品の香りづけに利用されることもあります。

ジャスミンの開花時期は3~5月と7~11月です。品種によって異なりますが、たとえば、ハゴロモジャスミンは4~5月、コモンジャスミンも4~5月、アラビアンジャスミンは7~9月、オウバイは3~4月です。

白い花の品種はつぼみが薄い紫色やピンク色なので、つぼみの時期からかわいらしさを楽しめます。ジャスミンは繁殖力が強いため、庭に植えたものが数年後にはどんどん広がり、一斉に咲く様は見とれるほど美しいですよ。

ジャスミンの品種は数多くあり、世界には数百種類があるといわれています。よく勘違いされるのが、「カロライナジャスミン」と「マダガスカルジャスミン」です。どちらも名前にジャスミンとついていますが、全く別の種類で、カロライナジャスミンはフジウツギ科、マダガスカルジャスミンはガガイモ科に属しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

次の記事

サフラン