有用植物利用法(6)~スギナ(ツクシ)~

和 名 スギナ(ツクシ)
スギナ 根は暗褐色で長い。地中を横に這って増えていく。
ツクシ 地上に出ている茎はツクシと呼ばれる胞子茎と、スギナと呼ばれる栄養茎の二つに分かれている。
効能

(スギナ)   

 

ガン・肝臓病・腎臓病・胆石・腎臓結石・尿路結石・膀胱炎・前立腺肥大・糖尿病・高血圧・腸や気管の病気にも効果があるとされている。
栄養素 スギナには必須栄養素の珪酸が多量に含まれる。カリウム・カルシウムなどが含有されている。 温湿布・腰湯・温浴等も可
生育地 都会~農村
料理 ツクシ(山菜):ハカマをとって全体を食べる。佃煮・油炒め・酢の物・辛し和え・胡麻和え・てんぷら保存:佃煮・茹でて冷凍・味噌漬け スギナ:ごく若いものを掘り取る。てんぷら・佃煮
採取時期  ツクシ:早春3月~5月

 

スギナ:晩春
メ モ (お茶の作り方)

5月~7月頃に採取したスギナを天日で一週間くらいよく乾かす。この乾燥スギナをお茶代わりに飲む。クセが無いのでおいしく飲める。

(注意)

スギナとよく似た草にカワラトクサがあるので、採取の時は注意すること。

スギナは節ごとに枝を5~6本ずつ出すが、カワラトクサは普通のトクサのように一本だけ直立している。

ソフィア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

マリゴールド