ウイキョウ(フェンネル)

和 名 ウイキョウ(茴香)
花言葉 賞賛
英語名 fennel
別 名 フェンネル
分 類 セリ科ウイキョウ属
原産地 南ヨーロッパ
花 色 黄緑色
花 期 6~8月
メ モ 魚介類と相性がよく、魚料理やピクルスの香り付けに使われるウイキョウ(茴香)。英語名で「フェンネル」とも呼ばれ、昔から健胃、去痰、整腸などに効くハーブや漢方薬としても利用されてきました。

古代ローマ時代から栽培され、平安時代に渡来。現在では「ういきょう」という名よりも「フェンエル」という名の方がよく知られている。

全草に強い香りがあり、ハーブとして料理に使われる。小粒の実は、中華料理やインド料理を食べた後、口直しにレジの横に置かれて入りこともある。

また、薬品や香辛料に利用され、噛むとスッとした味がする。あの仁丹や胃腸薬の清涼成分は実はフェンネルなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)