ウンナンサクラソウ

和 名 ウンナンサクラソウ(雲南桜草)
花言葉 初恋・うぬぼれ・無言の愛・健康
英語名 Chinese primrose
別 名 報春花(アンシャンスイ)
分 類 サクラソウ科 サクラソウ属
原産地 中国南西部
花 色 淡いピンク
花 期 2~4月
メ モ 花期やさしげな雰囲気の花です。冬でも開花が見込めるため、鉢花やポット苗でよく出回るようになりました。

プリムラ・シネンシスに似ていますが、花がやや小さく花つきに優れています。葉も形が違う(切れ込みの深さ)ので見分けられます。花は小さな5弁の整った形で、花色はシネンシスのように多くはなく薄ピンク~薄紫色です。葉は切れ込みのやや深い灰緑色で、柔らかい毛が生えています。株はロゼット状になり、そこから花茎を伸ばして花序をつけますは2~4月で、花茎を伸ばし淡いピンクの花を咲かせます。

プリムラ・シネンシスの近縁で、早春の鉢花として流通しています。

高さは20~40cm程になり、茎や葉は軟毛と密腺に被われます。
葉は3~4対の羽状に切り込み、裂片は尖っています。

中国では春を告げる花「報春花(アンシャンスイ)」と呼ばれ人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

カウスリップ

次の記事

ユキツバキ