ヤマボウシ

和 名 ヤマボウシ(山法師)
花言葉 友情
英語名 Kousa Dogwood
(Japanese Flowering Dogwood)
別 名 ヤマグワ/コウサ/ヤマボウ
分 類 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属
原産地 日本・中国・朝鮮半島
花 色 白・ピンク
花 期 5~7月
メ モ 花(総苞片)が見られるのは5~7月頃で、先端の尖った花のような総苞片を4枚広げ、その中心に黄緑色の小さな花が球状に集合しています。9月頃には実が赤く熟し、その後11月上旬頃には紅葉を楽しむことができるので、季節ごとに姿の変化を私たちに楽しませてくれます。

ヤマボウシはトロピカルフルーツのように個性的なトゲのある真っ赤な実をつけます。果肉は濃い黄色でマンゴーのような甘みがあり、シャリシャリとした食感で食べることができます。また、ジャムや果実酒などによく加工されています。

ヤマボウシとハナミズキを混同する方が多いですが、ヤマボウシは日本が原産なのに対して、ハナミズキはアメリカからの外来種です。見た目や性質も似ているようで細かなところが違い、ヤマボウシの総苞片は先端が尖っているのに対して、ハナミズキの総苞片は丸みがあり、先端が窪んでいます。

また、樹皮にも違いが見られ、ヤマボウシはうろこ状に剥がれるため斑模様になりますが、ハナミズキは細かなひび割れが覆っています。なお、ハナミズキは別名「アメリカヤマボウシ」と呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

次の記事

ヒマラヤの秋に咲く桜