これは何の花でしょう?(20)

《これは何の花でしょう》

ヒント:ある日、ドナウ川の岸辺をルドルフという名の騎士と、その恋人ベルタが歩いていました。
ベルタはその急流の中に、ある花を見つけました。

ルドルフはベルタのためにその花を摘もうと、流れに身を投じました。しかし流れはルドルフが思うよりも、ずっと激しいものでした。花に手が届いたものの、ルドルフの身体は急流に飲まれてしまいました。・・・・

この花の名前を知らない人はいない、私でさえ知っていました。そうです、そうです。

答えはこちら:花と伝説~ ハイム花の図鑑 (heimnohiroba.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)