今日の散歩道(38)~タチアオイ~

猛烈な暑さが続き、この時期にピッタリのタチアオイが鮮やかな花をつけています。

古来から「てっぺんの花が咲くと、梅雨が明ける」と、言われています。実際にはその言い伝え通りでは有りませんが、これから花が徐々に咲きあがって行く事になります。

このタチアオイは、中国から薬草として日本に伝わったもので、咳止めや利尿剤としての薬効が有るそうです。

水戸黄門劇の最後の場面に「徳川の葵の御紋」を示す見せ場がありますが、あの葵は「双葉葵」であり、このタチアオイとは別種のものです。

 

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)