レンギョウ~想い出の花

ふだんは、福岡生まれの福岡育ちを名乗っている私ですが、細かく言うと、幼いころ父の転勤で、隣県の佐賀市に住んだことがあります。

佐賀駅から子どもの足でも歩ける距離ですから、街のどまん中ということになるのでしょうが、近所には田圃があり、道路にしゃがみこんで遊んだりしていました。
まだまだ、のどかな時代だったのです。

住まいは借り上げ社宅、庭も畑もありました。

その南側の庭の片隅に咲いていたのがレンギョウです。

同じ庭には、ほかに、ユキヤナギやホオズキも植わっていました。
みんな立派な大きさでしたから、母ではなく、前の住人か、お隣に住む大家さんが植えたのでしょう。

季節になると、黄色いレンギョウと白いユキヤナギが、ほぼ同時に花をいっぱいに咲かせます。
なぜか、私はこのレンギョウが大嫌いでした。

記事を書くにあたって、WEBで探してみたのですが、私の記憶にあるレンギョウは、もっと枝がしだれていて、花の色も毒々しいほどまっ黄色でした。
その黄色の花が、これでもか、これでもかというように満開になるのです。

もしかしたら、うんと幼いころに、レンギョウにまつわる怖い経験をして、それが心の底に沈んだのかもしれないと考えてみましたが・・・確かめようもありません。

アップにすると、こんな可憐な花ですし、漢方薬の材料に使われることもある有益な植物なのに、多分、私のレンギョウ嫌いは治らない気がします。

幸いなのは、佐賀を離れて以来、ン十年もレンギョウの花に遭遇したことがないことでしょうか。  (C.R)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

シャクヤク

次の記事

ローダンセ