親子みち草散歩図鑑41~イヌタデ

イヌタデ
科目 タデ科
生活 1年草
花期 4月 – 11月
花色 紅紫色
草丈 20 – 40㎝
場所 野原や道端、畑などに普通に生える
特徴 和名はヤナギタデに対し、葉に辛味がなくて役に立たないという意味で「イヌタデ」と名付けられた。アジアの温帯から熱帯に分布し、日本では北海道から、本州四国九州沖縄に分布する。赤い小さな果実赤飯に見立て、別名アカノマンマともよばれる。同じ科のオオイヌタデには葉の根元のさやに毛が生えておらず、見分けることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)