親子みち草散歩図鑑46~カワラナデシコ

カワラナデシコ
科目 ナデシコ科
生活 多年草
花期 7 – 10月
花色 淡紅色、白
草丈 30-80㎝
場所 主に日当たりの良い草原や河原に生育するが路傍や山地の斜面、海岸の砂浜等でも生育する。
特徴 秋の七草の1つであるナデシコ(撫子)は本種のことを指す。一般にナデシコと呼んでいる植物で、別名でヤマトナデシコ(大和撫子)とも呼ばれる。名前の由来は、河原に生えて、可憐な花を「なでしこ」と言うことから。

薬用としても利用され、開花期の全草を瞿麦(くばく)、種子を乾燥したものを瞿麦子と称する。利尿作用や通経作用、消炎作用がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)