花と神話~ボダイジュとオーク

若者の話が多い神話の中で珍しい老夫婦の話があります。
ゼウスと末子のヘルメスが人間の姿をして旅をしていた時のこと。プリュギアに着いたとき、疲れ果てた二人は一夜の宿を求めて家々を訪ね歩きました。しかし夜遅くだったこともありどこも戸を開けてくれませんでした。最後に戸をたたいたのがある貧しい老夫婦の家でした。

老夫婦は見知らぬ旅人を見て、「こんな夜更けにさぞお困りでしょう。どうぞお入りください。」
と喜んで家の中に入れてくれたのでした。老婆の名はバウキスといい、老人の名はピレモンといいました。貧しい二人は大したことはできなかったのですが、火を起こして部屋を暖めたり、粗末ながら食べ物を用意して客人をもてなしました。

客人のために準備した食事は、オリーブ、サンシュユの実の酢漬け、大根とチーズ、卵、塩豚の煮たもの、少しの酒とデザートとしてリンゴと野生の蜂蜜でした。ピレモンが客人に向かって、
「私どもは、ごらんのように貧しい老人でございます。お口に合うものはございませんでしょうが、どうぞお気兼ねなくお召し上がりください。」
と、言いながら客に食べ物を勧めたのです。さらに酒を注ぎ分けたのですが、いくら注いでも酒が減らないのを見た夫婦は驚きました。こんな不思議なことができるのは、この客人が神様だからに違いないと思いました。

二人はひれ伏して手を合わせ、粗末なもてなしを詫びましたが、二人の神は、
「お前たちが考えたとおり我々はj神である。この村の他の者たちは神を恐れなかったので罰を受けるだろう。しかしおまえたちはその罰を受けることはない。我々について山の頂に来るがよい。」と言いました。

二人の老人は言われたとおりに神々とともに山に登って行きました。そして山頂から下を見ると村は水浸しになっていたのです。村人はただ悲しんでいるばかりでした。そして、さらに驚いたことには、二人の住んでいた粗末な家は立派な神殿に変わっていたのです。

神はさらに、
「さあ、心優しく信心深い老人たちよ、おまえたちの望みは何だ。何でも望みをかなえてやろう。」
と言いました。二人は神の偉大な力に畏敬の念を持っていましたから、おそるおそる、
「私どもはこれからあなた様の作られたあの神殿の番人になりたいと思います。私どもはこれまで仲良く暮らしてまいりましたので、死ぬときも一緒にと願っております。私が生き残って妻の墓を見たり、また妻が生き残って私の墓を見なくてはならないのは私どもには耐えられません。」

と、申し上げたのでした。そしてゼウスはその望みを叶えてやることを約束しました。

それから長い年月が過ぎて、二人が神殿の前に腰を下ろし、昔話をしていると、バウキスは夫ピレモンの身体から木の葉が吹き出しているのに気がついたのです。そしてピレモンも妻バウキスの身体から同じように緑が芽吹いているのを見ました。そうしているうちに木の葉の冠が二人の頭を覆い始めました。二人の身体がだんだん動かなくなっていることに気づいた二人は口のきける間にお互いに別れの言葉を交わし合いました。

「神様は私たちの願いを叶えてくださった。。ありがたいことではないか。こうして二人が一緒に死んでいけるなんて幸せなことだ。神様のおかげだ。」
と、神に感謝するのでした。

こうして二人は同時に死に、それぞれがボダイジュとオークに姿を変えました。今でもテュアネの地方では、二人の善良な老人のしるしとしてこの二本の木を並べて植えるということです。
ボダイジュの花言葉は「夫婦の和合」です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

花と神話~ポプラ3

次の記事

花と神話~サフラン