花と神話~ザクロ

冥界の神ハーデースは、豊穣神デーメーテールの娘ペルセポネーに恋をしました。ある日、ハーデースは花を摘んでいたペルセポネーを略奪して冥界に連れ去ってしまいます。

冥界でハーデースの勧めによりペルセポネーはザクロの実を食べてしまいました。冥界ではそこの食物を食べたものは客として扱われ、そこに留まらなければならない規則になっていたのです。

ペルセポネーは一年の半分を冥界で過すこととなり、その間、豊穣神の母デーメーテールが嘆き悲しむことで冬となり、穀物がまったく育ちませんでした。

しかし、ペルセポネーが戻ると再び花が咲き、木々には実がついたといわれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

ルドベキア

次の記事

花と神話~パンジー