今日の散歩道(110)~ヤブラン

竹藪に生え、葉っぱがランに似ているので、和名は「ヤブラン」と、呼ばれていますが、ランとは全く関係がありません。

日本を含む東アジアが原産で、日本では関東以西の竹藪や山林に自生している多年草で、身近に有る植物、万葉の頃から親しまれていたそうです。 園芸用に品種改良され葉っぱが斑入りになった品種もあります。

庭園の縁取りや、グランドカバーなどに植えられていて、主役ではなく周りを引き立てる地味な役割で、夏期にこの様な花を咲かせて、晩秋には光沢のある黒い実を花柄一杯に稔らせます。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)