今日の散歩道(113)~キャットテール

近年の猫ブームの影響もあって、人気が急上昇の植物で、育てている人が増えています。

花壇よりも、むしろ鉢植えにして、身近な場所において、この愛くるしい姿の花穂を、楽しむ人が多い様です。

この植物は、西インド諸島に自生しているトウダイグサ科、自生地では多年草で、一年中花穂をつけますが、寒さに弱いので、日本では年を越せず夏の時期だけ花穂をつける一年草です。

猫のしっぽの様な花穂をつけるのが、名前の由来となっています。

この植物は匍匐性があって、株が横に広がりながら成長して、細い茎の先に花穂をつけます、花穂の寿命は一か月と長く、色調が黒ずんで来たら寿命ですが、それを摘むと、次々と新しい花穂が育ってきます。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)