今日の散歩道(140)~オオバナアリアケカズラ

朝晩肌寒さを感じる今日この頃ですが、買い物散歩で、陽が射す場所を歩いていると、まだ汗ばんできます。

通りすがったお店の前に、鮮やかな黄色の花を咲かせる、オオバナアリアケカズラ(別名 アマランダ)の鉢植えを見つけました。 沖縄通の人には馴染みの植木で、日本には明治末期に移入され、あまり大きくならず管理しやすいので、沖縄の公園や道路際の街路樹として植えられ、夏場にこの様に花を着けてるのをアチコチで目にします。

花色からゴールデンカップといって親しまれ、沖縄の一部の市では、「市の花」に制定されていると聞いてます。

この植物は南米原産でキョウチクトウ科の常緑ツル性植物ですが、寒さには弱いので、本土で地植えでの冬越しは無理なので、鉢植えにして楽しんでいる様です。

 

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)