今日の散歩道(157)~イヌタデ

道端や畑、荒れ地等 いたる所で繁茂している雑草で、どこにでも生える強い繁殖力があります。

アジアの温帯から熱帯に分布していて、日本では全国いたるところで目にするタデ科の一年草です。

食べれる野草の冊子では、無味無臭でエグミも無く、繊維やミネラルが豊富で健康オタクには、もってこいの野草との事で、茎や葉っぱはおしたしや天婦羅、蕾は油で揚げてから冷ややっこにゴマの代わりにトッピングと、食べ方が説明されていますが、そこまで手を掛けて口にしようと言う意欲は、私には有りません。

驚いたのは、この様な雑草にも花言葉があり「あなたのお役に立ちたい」との事ですが、野菜つくりの畑では邪魔者でしかありません。

 

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)