今日の散歩道(25)~モミジバゼラニウム~

「モミジバゼラニウム」、南アフリカ原産です。

紅葉したモミジの様に、美しいカラーリーフを鑑賞する目的で植えている方も多く、今月から来月に掛けて彩りが最も綺麗になり、そして中心部から茎が伸びてきて穂先に小さく線香花火の様な朱色の花をつけます。

通りすがりで変化を楽しんでいますが、夏場の終わりごろに葉っぱが茶色く枯れて落下、秋口から芽吹き始め、秋が深まる頃には緑色の葉っぱが繁ります、そして冬場から徐々に紅葉が進み、初夏の頃に添付写真の様な姿になります。

横を通り過ぎる時にこの変化を、眺めるのが楽しみになって居ます。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)