今日の散歩道(49)~キョウチクトウ~

今日は近畿地方に、ついに梅雨入り宣言、昼過ぎから断続的に雨が降っています。

この時期から、夏明けまで咲き続けるキョウチクトウの花が今年も咲き始めました。

この樹は学校や公園の生垣として植えられる他、排ガスや大気汚染にも強いので工場や道路際等いたる所に植えられています。生命力旺盛で放置すると、どんどん繁って仕舞うので要注意、それに加えて樹全体に強い毒素を持っていて、時々幼児の中毒事故がニュースになる事があります。

元々は、インド原産で中国を経由して日本に伝わったもので、中国では葉っぱが竹のような形状で、花が桃の花に似てるとして「夾竹桃」と呼ばれ、和名のキョウチクトウは、それを音読みしたのが由来と伝わっています。

これから夏の強烈な陽射しの元で、この鮮やかな花を目にする事になります。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)