今日の散歩道(98)~稲~

旧盆前に毎年出掛けているお墓の草取りと、奈良の生家まわりの草取りと草刈ですが、

異常な高温続きで腰が引けて先延ばしが続いていましたが、もう待ったなし。

最近熱中症の報道が多く、少しでも涼しいうちに済ませようと、意を決して5時前に出発、淀川にかかる橋から、久々に見る朝焼けと日の出がとても綺麗でした。

幼少時から水田に囲まれた環境で育ったことも有り、綺麗に植えられ育っている稲を見ると、いつもホッとした気持ちに成りますし、稲の緑が風にそよいで波を打って揺れている情景には、しばし見入ってしまいます。

ちょうど稲穂が出始めたばかりですが、順調に育って居る様です、栽培種は「キヌヒカリ」が最近の流行りのようです。

生家の周辺は、想像をはるかに上回る各種雑草が繁茂し、どの方向から見ても、いかにも人の住んでいない家。

育てたい野菜や植物は中々思うようにいかないのに、邪魔な雑草は何故これほど逞しく育つのか不思議で成りません。

その上に小鳥が放出した実から発芽した樹までアチコチに育ち、特に桑の木の成長ぶりは驚異的で、切り株から一年で2m位の幹を伸ばします。 近所の人から、この暑い時期の日中に草刈り機を振り廻す人なんていませんよと、笑われながら、何とか人の手が入っていて住人がいそうな屋敷にして大阪に引き揚げてきました。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)