今日の散歩道~芙蓉・酔芙蓉

線状降水帯の長期停滞で、関東以西の各地は記録的な雨量となり、特に九州・中国地方では大変な被害が出ています。甲子園球場の高校野球も三日連続の順延となり、これは46年振りとか。

まだ今週末までは、警戒を継続しなければいけない状況ながらも、漸く雨も一休みとなり一息入れてるタイミングですが、夏の時期の代表的な芙蓉・酔芙蓉の花を紹介します。

*芙蓉

中国原産で日本では、室町期から鑑賞され、1日で枯れて仕舞う儚さから「美しい人のたとえ」に用いられた花で、美しくしとやかな顔立ちの事を「芙蓉の顔」と言うとの事です。 花色はピンクや白色の1日花です、そろそろ花
期も盛りが過ぎました(写真撮影は7月25日)

*酔芙蓉

芙蓉より花の時期が3週間ぐらい遅れ、数日前から開花が始まったばかりです。夜明けに、こちらは八重咲きで開花します、花弁は白いが夕方に向けて徐々にピンクに変色し、翌日に花弁は萎み紅色に変色する。
色が変化するさまが、まるで酒に酔って顔が赤くなるのに似てるのが名前の由来と成った由。

雨も上がり、久々に気持ち良い散歩を楽しみました。
山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

キンモクセイ

次の記事

ネリネ